google1ddf4f7d92ae845a.html

12/1 きな粉餅

2時間お風呂に入っていた。上がった頃には14時半を回っていた。今日は何もしていない。ただ起きてからベッドでゴロゴロしてままが作ってくれた三種類のチーズのリゾットを食べただけ。出かけるから準備しなくちゃね。今日は下地塗らなくていいや、本当は化粧する気自体起きない。でもコンプレックスは隠したい。コンプレックスを隠すためだったり自分をよく見せるためのそれは化粧というより作業だ。歯を磨くみたいに、パジャマからよそ行きのワンピースへと着替えるように、当たり前のこと。自分をよく見せるためのそれをしていて悲しくなるなんてことはあまりない。他人からよく見られた方がやっぱり嬉しい。これからマシなわたしになるんだ、という気持ちでそれをしている。そしてマシなわたしが鏡に映った。最後にクラランスのコンフォートリップオイル03を塗って完成。これは赤い口紅の中でも透明感とか透け感のようなものがあって、私の顔によく馴染む。お気に入り。

香水をつけたけれど、なんかうまくいかなかった。たぶん周りの人にはあんまり匂わないんだけれど、わたしにはすごく強く匂うようについてしまって、あー、なんだかなあという気持ちになってしまった。この香水は数年前にウィーンで買ったけれど、女の人がつけるより男の人がつける方がもう少し素敵だと少し前に気づいた。いや、わたしがまだ子供すぎるのかもしれない。26歳くらいになったら似合うかもしれない。

髪の毛を自然乾燥させるついでにモーツァルトピアノソナタK.V.332を弾いていた。ウィーンやザルツブルクの葡萄畑が浮かぶ。1楽章は、途中に少し強さのようなものもあるけれど、基本的には可愛らしい。可愛いには、可愛いをつくるための精神的な強さも必要なのかもしれない。聴きながらスキップしたくなるような。例えば晴れた土曜日の朝にこれを聴いて鼻歌を歌いながら部屋の掃除がしたい。例えば友達と入ったカフェにそれが流れていたら、私はまたそこに行きたくなってしまうかもしれない。

12月20日にウィーンのピアノの先生の門下生が集まってコンサートをやるから、それに向けての練習。今のところの出来はまぁまぁかな。当日までにきっちり練習していればきっと上手くいくだろう。暗譜で弾いていたけれど、あってる自信がなくて恐る恐る弾いてしまう。暗譜じゃなくても、やっぱり自信がなくて恐る恐る弾いてしまうんだけれど。

昨日の夜から今日の朝にかけて、そこそこ雪が積もった。19時半、雪の帰り道を歩きながら、雪を踏む時の音について話した。友達はさくさくと言った。わたしは、ほろほろだと思う。そう、スノーボールを噛み砕いている時のような。友達の頭上には、クエスチョンマークが浮かんでいた。別に分かってくれなくたって良い。

雪を投げ合ったりもした。水分の多いそれはわたしのコートに張り付いたかと思えばすぐに溶けてしまった。溶けきれてないそれを白い手が払ってくれた。私は手袋をしていたが、相手は手袋をしていなくて少し冷たそうだ。単純に楽しかったし、雪が積もっていることが思いのほか嬉しかった。なんだかんだ雪に喜んでいる自分の無邪気さに安心した。ふふふ、私はまだ16歳なのだ。あと、1週間は。

同じアパートの友達とまたね、と声をかけ合って分かれた。まだ20時前なのにおやすみと彼女が声をかけるから、いやまだはやいでしょ、と突っ込んだ。私とママはもう一階分階段を上がって玄関に入り、ブーツのファスナーを下ろして手袋を外しコートをハンガーにかけて、白のH&MBlack Fridayの時に買ったニットワンピースとこれまた白のユニクロのシャツ、それからスキニーを脱いでTシャツ短パンに着替えた。最後に口紅をティッシュで落とした。

 

グリーグのヴァイオリンソナタ3番の2楽章を譜読みした。二拍子。テンポが怪しい。いつもそうだ。譜読みの時に1番苦手なのが正確なテンポ、音符の長さを数えること。メトロノームを使っても、メトロノームの音が無機質過ぎるからかよく小節の境目が分からなくなってしまう。8月から1回もまだしてないのでピアノの調律をいい加減しなくてはならないのだけれど、調律師さんにコンタクトを取るのを毎日忘れてしまう。ママは知らない人に電話をするのが苦手だという。

友達が日本からわたしに誕生日プレゼントを贈ってくれるようだ!嬉しいな、すごく嬉しいよ。何回もありがとうと言った。本を頼んだ。江國香織の本を全部集めたいのだ。でもね本当は、わたしが今1番、本当に欲しいものはどんなに沢山のお金でも買えなくて、誰にも頼むことができないもの。考えると落ち込みそうになるがまぁしかたない。自分で手に入れるほかないのだ。

 

ここ1週間くらいずっと、寝るのが深夜を回っているから、日曜日くらいは少し早めに起きてピアノを弾きたいんだけれど、午前に起きられる自信がない。明日ちゃんと起きてからすぐ行動できるために、今日2回目のお風呂に入る。もう23時だ。1日がこんなにあっという間なことが、泣きそうになるくらい怖い時がある。みなさんはどうですか。

 

度数が高いから、ままが、あんまり飲むことを嫌がっていたポーランドで買ったリキュール、ままに飲んでるとばれないようにこっそり飲んでいたのに、ついになくなった。でも瓶が重いからもうそんなに飲んだなんて気付かなかった。甘いから絶対カロリー高いんだけれど美味しかったなあ。