google1ddf4f7d92ae845a.html

16 12/7

17歳になった こっち時間の16時は日本の24時なので、それと同時に数人の人からLINEにおめでとうとメッセージがきて、覚えててくれてる人がいたことはすごくありがたくて、多分本人が思ってる4倍くらい私はありがたがってると思うんですね。覚えてなくても、今はLINEで誕生日を登録する機能とか、他人のストーリーとかで、あー今日ひなみ誕生日なんだな、って分かるでしょ?それ分かってもちろんスルーする人はスルーするし、でもそこであなたは立ち止まって私におめでとうと声かけてくれたこと、すごく嬉しい。本当に。むしろあなたが生きてくれていて嬉しい。

16歳のうちにやりたかったけれどひとつできなかったクソみたいにしょうもないことがあるので、17歳の間にそれができれば良いな。いや、別に何歳になってもできることなんだけど。午前1時過ぎ、コーヒー飲んで眠れない

以下付け足し

 

ウィーンも日付けが変わり、こっちで最初に祝ってくれた、というより、もう残り数分で日付け変わるから、おめでとうって言って!と、私が祝わせたようなものなんだけれど。私の誕生日がはじまって、あなたに1番最初に言ってもらえて嬉しかったです。そしてホテルザッハのザッハトルテもプンシュもフォーも春巻きも美味しかった〜〜〜!寒かったので風邪を引いていないと良いんだけれど。

今日起きてからも色んな人からおめでとうというメッセージがLINEに来ていて、中には本当に数年ぶりにLINEをしたような友達もいたり、この人がお祝いしてくれるなんて!というような人もいて、うきうきした気持ちで学校に着いたらみんな教室のドアの前にいて、電車の都合でまだ先生が来ていなくて教室が開いてないみたいで。おはようと声をかけたら、隣の席の友人のMarianaさんが、Hinami~~~! 誕生日おめでとう!と言ってくれて、ハグした。その後、他のみんなも言ってくれて、順番にハグした。

学校の休憩中、いつも一緒に近くのパン屋に行ってパンを買って食べてる友達が2人いて、1人はMarianaさんで、もう1人はLidiaさん。2人は母国語が同じだからということもありとても仲が良い。私達の席は隣同士並んでいる。(Lidiaさん、Marianaさん、私、の順番)

あー、今日で最後のessenだねー、なんて話をしながらいつも通りパンを買いに、階段で外まで降りて。でもパン屋に着いたら、Lidiaさんが、ちょっとこっち来てー、って私をそのパン屋に入れてくれなくて(笑)、どうしたんだろ?休憩終わっちゃうわ!なんて思っていたら、

Marianaさんがパン屋から出てきて、なんとそこのパン屋にあるチョコレートマフィンを買って、ロウソクをさして誕生日ケーキに見立てて持ってきてくれて!教室に戻って、歌を歌ってくれて、ロウソクの火を消した。私のためにこうやって、いわゆるサプライズのようなお祝いをしてくれた友達は初めてだったから、の後になんて言葉をつければこの気持ちを表せられるのか分からないくらい。泣きそうになった。MarianaさんとLidiaさんは、いつも素敵なことを考えてくれるのだ。例えば、今週は試験のための補講の週で、"授業"が終わったのは先週だった。なので、授業の終わりに先生に花と手紙を渡そう!と考えてくれたのも2人だった。私は、先生の名前を手紙の封筒に日本字で書いた。

今日で補講も終わりだから、先生がみんなにお菓子を用意してくれていて、私の物には、お菓子と、それから誕生日プレゼント!と、私の誕生日が入っている銀製のキーホルダーがついていた。先生が事前に買って用意してくれていたことも本当に嬉しかった。

お礼と言ってはささやかなんだけれど、このクラスの人たちはみんな日本とか日本語に結構興味を持ってくれているから、ホワイトボードにみんなの名前を日本字と、分かるように横にローマ字でも書いた。喜んで写真を撮ってくれた。みんな何回もおめでとうと言ってくれた。

12月15日の土曜日には、いわゆるドイツ語検定のような試験がある。その日にまたみんなに会えるのも楽しみだし、テストの後みんなでグリューワインとかプンシュとか飲みにいくみたいだから、それも楽しみ、もう少し勉強しなくては。

 

家に帰ったらままが飾り付けをしてくれていた。それからままが作ったご飯を食べて、グリューワインを少し飲み、午前の嬉しい気持ちでそわそわしていたから気休め兼嬉しい気持ちを何かで昇華したくてショパンマズルカを弾いていたらチャイムが鳴って、出たら同じアパートの友人2人が、ひーちゃん誕生日おめでとう!と、プレゼントと手紙の入った袋を持ってきてくれた!2人とハグした。私は手紙を貰うのも書くのも大好きなんだけれど、本当に嬉しくて、また涙が出そうになった。さらに袋には、星の王子さまのドイツ語版と、部屋に置くアロマディフューザーが入っていた!2回目なんだけれど、私のために事前にプレゼントを用意してくれるということは本当に嬉しいことです。

日本の友達とLINEしていたら声が聴きたくなって5ヶ月ぶりに電話をした。いつもLINEで会話をしているからかLINEの延長線上にいて、それがどうしようもなく安心した。喋りすぎたと思うけど、喋り足りないとも思う。とにかく楽しかった。

夜は、ままと行きつけのフランス風カフェに行ってご飯を食べた。お店の人が私の好きなケーキやクッキーをサービスで作って出してくれた!

 

とりあえず書き残しておきたかったからものすごく散文。きっとまた修正します。

書き連ねたいことは、ひとつの出来事を書くとそれはもうあれもこれもと泉のように湧いてきてしまうんだけれど、逆に大切な思い出だから書かないようなこともあって、でも大切だから書きたい気持ちもあって、本当は、嬉しいとか、泣きそうとか、そんな簡単な言葉で表すのすら気が引けます。ウィーンに来て素敵な人達に出会いました。

LINEやインスタでおめでとうと言ってくれた人たちも、ありがとう!スタバのギフトカードをもらったんだけれど、こっちでは使えないので帰国したときに使えたら使います。

月曜日から風邪引いていて体調がすこぶる悪いんですけど、こんなに素敵に17歳の始まりを迎えられるなんて思っていませんでした。もう、既に良い1年になりましたという気持ちです。