google1ddf4f7d92ae845a.html

高等遊民の極み乙女

感情の備忘録

チョコレートケーキ

なんか最近あんまり書いてなかったので久しぶりに書こうと思って。

新宿は最悪。臭いし汚いしうるさいし最悪。新宿で路上タバコしているのはだいたい白人。まあヨーロッパの人ってそういう人多いよな。ウィーンに行った時も歩きタバコなんて当たり前って感じだったし。新宿に行くと意図せず大量に受動喫煙してしまうので新宿に行くということは緩やかに確実に自殺しているということだ。ああ、肺が黒く、黒く汚れていく。新宿に行くといつも鼻や服や髪にタバコの匂いがついてしまう。タバコ臭いと指摘されたことはないし、焼肉屋に行った後のような、髪の匂いを嗅いだら焼肉臭い…みたいな正確な実感ができていないのでよく分からないけれど、多分ついている。新宿の空気の欠片が私についているのだ。

新宿歌舞伎町は間抜けなスカウトが未成年の私にキャッチをしてくるので最悪。まず私にキャッチをしてくる時点ですごく間抜け。私は、また未成年に見られなかったんだなという事実を認識するくらいだ。というか実際のところ未成年でも未成年に見えなければ良いのかな。あと私、そんなに暇そうに見えるのか?結構急いでたつもりなのだけれど。

先週歌広新宿区役所前に傘を忘れたので今日、取りに来た。こんなによく晴れた日に傘を持ち歩くなんて恥ずかしいけれど、これはカラオケルームに置き忘れた罰です。私は傘を邪魔そうに持ちながらとりあえず新宿伊勢丹に入った。横浜のそごうや高島屋の平日真っ昼間は空いているのでそれを期待していたら外国人でごった返していたので少し落胆してしまった。気を取り直してDIORで真っ赤なルージュディオールを買ったら4500円があっという間に消えたので目が点になった。ladureeのクリスマスコフレの、扇形のチーク102をタッチアップしてもらったら似合ったので友達に誕生日プレゼントで買ってもらうことにした。NARSでラブトライアングルにある組み合わせのリップとチークをタッチアップしてもらったら似合わなかったので、CHANELクリニークを使って化粧直しをした。こういうの良くないよね、すみません。地下1階のシャンポールエヴァンのカフェでアールグレイを飲んでチョコレートケーキを食べた。チョコレートケーキは艷やかで断面が美しくそして濃厚で、アールグレイは銀のポットで来た。香り高くて美味しい。また私は金を飛ばした。伊勢丹は金があれば何でもできて、僅か小1時間ほどで6000円くらい簡単に飛ばせてしまう。とんでもなく恐ろしい商業施設だ。客はコスメカウンターを見て回ったところ8割中国人で、1割日本人、五分が韓国人、五分がその他の外国人。いや、もしかしたら1割韓国人で五分が日本人かもしれない。ここらへんは顔の系統が似ているのでややこしい。ま、平日真っ昼間の新宿なんてこういうものか。ブランドコスメの大きなショッパーを提げて爆買いしている中国人。韓国人はよく商品を吟味しながらスマートフォンに向かって何か喋りかけているけれど、あの行動は何なのだろう。凄く謎。通話しながら友人や親族にお土産を聞いているのかなといつも思っている。あとは音声機能で自分が欲しい商品を調べてるのかな。

やっぱり新宿は最悪。新宿は最悪な街なのに、新宿くらいしか私を不毛な毎日を過ごすが故の孤独から救ってくれない。16時の地下1階にある名曲喫茶の角の席に座って文庫本を読みながら待ち合わせしている時は寂しくない。16時の地下1階にある名曲喫茶は賑わっていて、というか普通に混んでいて、曲がびっくりするくらい聞こえないのだ。でも正直なところ曲を聴きに来たわけじゃないからいいのだけれど。二口食べたモンブランと、彼が来る頃にはすっかり冷めきってしまった珈琲と。ここは店員さんが干渉してこないし、絶えず流れてくる名曲と人々の話し声によって私達の話し声も私達の耳以外には届かない。そこが好都合で、ここにいるとなんでも話せてしまう。

高円寺の古本屋に、好きなミュージシャンの歌を聴きに来た。北口を出てすぐ近く、松屋の隣の細い細い道は果物屋や魚屋やお肉屋があって、買い物中の主婦で凄く賑わっていた。そこを抜けると小洒落た夜遅くまでやっているような飲食店や古着屋がある。ああここが高円寺なんだな。夜の高円寺は良いかもしれない。夜の高円寺は新宿渋谷池袋のような野蛮さがないのに、私が夜に高円寺に行くことを許してくれて受け入れてくれるのだ。高円寺のクレープ屋のお姉さんは可愛くて、お休みなさいとかけられた声が耳に残っている。クレープを買ったらクッキーをくれて、私はハロウィンは誰からも何も貰わなかったし、あげなかったし、とにかく所謂ハロウィン、らしいことを何もしていなくて、まあ別にキリストでも何でもないし、それでも良いと思っていたのだけれど、そのアイシングクッキーが凄く嬉しくて、11月1日22時半の夜風は冷たかったのに、心は温かくなった。