google1ddf4f7d92ae845a.html
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

掃き溜め

掃き溜め

一向に眠れる気がしない。仕方なく携帯のディスプレイを開き時計を見れば午前2時、布団に入り目を瞑り続けてから約2時間も経っていた。自分の寝付きの悪さに呆れた

遅くまで起きている友達からのLINEを返信する。彼の前だとダメな私になってしまうし彼には何でも話したくなる、耐え切れず生理前、寝不足、体調不良の三拍子が揃ってしまい明日の用事が憂鬱だと相談をした。

元々感情に波があるし引きこもり気味な私は直前になってどうしても行きたくなくなることが多々。遊びや食事なら友達を大切にしなきゃいけないし、行けば楽しいことは知っているから行けるけれど。学校やならい事や最近始めた日雇いのバイトはこうもうまくはいってくれない。心の中に行きたくないモードみたいなスイッチがあって、それが押されると半ば行く気がなくなっている。本当に自分に甘い。

脳内の悪魔が、行ったところでクマだらけ、年が離れすぎている男の人は苦手だって先日他のバイトで分かっただろ、しかも大したお金にもならない、無理していく意味あると思うのか?断れよ、と囁いている。それと同時に脳内の天使も、他人にしたことは自分にも返ってくる。だから行ったほうがいい。なんてささやかに反論している。

先述したように自分に甘い私は行きたくない理由、行かないことが正当化される理由のほうが多く出てきてしまう。

彼はこの日雇いのバイトあまりいい心象を抱いていないし脳内の悪魔と同じ考えを持っていて、熱出たとか言って休めよ、なんて。本当に私に甘いなあと不覚にも笑ってしまった。

そうこうやりとりしているうちにどんどん時間は進む。多分これは無理なパターンだ、と自分でも分かっていた。だからこそもう日雇いのバイト自体やめよう。今日のクライアントに自分勝手過ぎる断りの連絡を入れ、バイト探しをしていたアプリを消した。

正直滅茶苦茶すっきりした。早起きして化粧をして服を着て父に車で送ってもらい、片道1時間電車に乗ってようやくついたかと思えば行く場所はスタバ。からの初対面の年が離れすぎている男の人と会話してクマだらけの顔面の写真を撮られて……なんてプレッシャーと文脈だけで想像するつまらなさから開放されたのだ。

彼からも安堵したとのLINEが来たしきっとこれで良かった。もし自分に返ってくるとしてもきっと遊びや食事のドタキャン。なんて超都合良く言い聞かせてもう考えるのをやめた。

ハッピー、バレンタイン

バレンタイン。彼氏や好きな人もおらずいつの日からか学校にさえまともに通っていない私にはさしずめ一大イベントでもなく、いつも通り、いやいつもより遅く起きて何ご飯かわからない食事を適当に済ませる。と言ってもゆで卵を食べただけだけど。

誰かにあげる義務がないとはいえ本当に何もないのも悲しいので徒歩5分ほどの距離に住んでいる(正確には、数年前に引っ越してきた)唯一の、ネットではなくちゃんと現実で知り合った、親友と交換をする約束をした。

今年はグルテンフリー、ヴィーガンのはちみつマフィンだ。ちなみに去年はマシュマロの上半分をチョコでコーティングしたやつ。これ、何故か1年に何回も作っててもはやプロ化していた。結構好評だったのよね…

話が逸れた。前々日の練習できらした豆乳を、父の買物のついでに買ってきて貰いさっそく取り掛かる。正直この時点で間にあうのか?と少し焦りを抱えていた。

それが的中したらしく生地を型に詰めているところでインターフォンが。やはり彼女だ。とりあえずフィナンシェを貰い、彼女のピアノが終わった後で私が届けに行く約束をして再開。少し申し訳なく思う

 オーブンの前で待ち焦がれながらも、生地を詰めている時に良い手応えを感じていたので少し期待していた。

思い通りだ!成功。カップから少し顔を覗かせているふわっふわの生地。アーモンドプードルとココナッツオイルの相性も抜群。

彼女から連絡が来て、急ぎ気味で持って行った。少し申し訳なさそうな顔をして豪邸のような玄関から出てきたけれど、プーさんの袋に入れたそれを見た彼女は笑顔だった。それから少し話をして別れた。

なんとなくだけどこの時、学校が違っても、お互いの予定が合わなくて近くにいるのになかなか会えなくても、彼女とは親友なんだなと感じた。あと、家が近くなってよかった。

彼女から、生地がふわふわですごく美味しかった、また作ってねとテンション高めの文章でLINEが来て、靴下は履かなくても良いかと10数分前の安易な思考から起きた靴擦れの痛さもどこかへ消えていった。

やっぱり、部活等であんまり沢山作らなくてはいけない数が多いのも考えものだ。手を掛けられないんだもの。

そしてリップバームはまだあげられてないけど、JILLのリップグロスを贈った親友(といっても会ったことはない)も、すごく喜んでくれていた。

 

良いバレンタインだった

ドラマ

何もやることがなくなり暇になったゴールデンタイム、今日は待ちに待ったカルテット。時間稼ぎの為に日テレの告白番組を観ていたらそれに気を取られ、2分遅れてチャンネルを替えた。

いよいよドロドロになってきたな…としか出てこない。カルテットに限らず最近は特に、ドロドロ系のドラマ多い気がする

みんな幸せになってくれ思考だからちょっと苦手だけど、やっぱり面白いんだよなぁ。あんまり感情移入せず所詮はドラマ、作りものだと思って観てる

吉岡里帆の笑った時タレ目になる顔が悪女っぽくて、役にぴったりだね笑

テレビを付けるのが億劫になって、最近はあんまり見なくなったけど、A LIFE、下克上受験、東京タラレバ娘、嘘の戦争、就活家族、今季のドラマ面白いの多くて毎日9時〜11時楽しい

明日はタラレバ娘だ~^_^

9巻

買ったまま、読まずに部屋の片隅に置きっぱなしにしていたホリミヤの9巻

いつの日からか当たり前のようにそこにいて

なんとなく気が向いたから手に取って、ついでに8巻と7巻も。

忘れていたけど、これすっっっっごく好きなタイプの漫画だった…………………甘過ぎない感じが良い。

10巻もう発売されてるみたいだ、買おう

ついでに堀さんと宮村くんは全巻持っている

この時期は

バレンタインで作るお菓子を練習したとか、バレンタイン欲しい人いますかとか、バレンタイン間に合わないかもとか、量産する人は材料費が膨大とか足りないとか

TwitterやLINEやInstagramには、バレンタイン関連の投稿が増えるね。

 

今年のバレンタインをあげるのは、多分3人

1人にはジルスチュアートのリップグロス

1人にはRUSHのリップバーム、バターブラジル

1人には特製のマフィン。もちろん小麦粉は使わないし動物性食品も使わない。

マフィンは少し多めの分量を作るから、余ったら近所のお友達か、ピアノの先生にあげるつもりだけど

誰か宛にプレゼントを選んだり、何かを作るのは好き。丁寧に作業が出来る

喜んでくれるといいな

いや、きっと喜んでくれる

友達

友達の定義って難しい

特に理由はないけど、何故か月1でご飯に行く人もいるし

会う予定はないし、きっと理由がなきゃ立てないけど、毎日、若しくはそれに近い頻度で話してる人もいるし

ラインもしないし、きっともう会うこともないだろうけど、何回かあった人も、多分、友達に含まれると思う。

会いたいなぁ

みんな、理由がなくても会えればいいのに 

なんで交際していたり、よっぽど仲良くないと、理由なしで会えない、という潜在意識があるんだろう、私だけなのかな

 

会いたい って会える理由にはならないのかな

 

抑制

昨日、一昨日と東北で教頭をしている叔母が研修で東京へ来て、私の家に泊まりに来た。

一昨日は母がパートから帰った後ご飯を食べに行く予定だったが寒すぎたため家で宴会。

母と叔母の愚痴を話半分に聞きながら叔母が買って来てくれたチョコレートのシフォンケーキを口へ運ぶ。

上白糖、小麦粉、添加物が怖く普段なるべく食べないようにしているのでたまに食べると本当に美味しい…上に乗ってるチョコレートパリパリ…生地ふわっふわ…。

お風呂に入り遅目の就寝を。

 

昨日は母がどうしても断れない用があったため、叔母と2人で過ごした

起きたのは11時半で、9時間は寝ていた。さすがに驚き。目を覚ました時母はもういなかった。

とりあえず叔母に挨拶をして、ゆで卵と炒めた小松菜、お味噌汁を作り叔母にご馳走したら、美味しい美味しいと喜んでくれた…。2時間程、オーガニックや母に対する悩みや美容について語り尽くした後、前にも私のブログで登場した大型ショッピングモールへ。

帰宅し夜ご飯を、叔母と一緒に作った。

ほうれん草の胡麻和え、キャベツのじゃこ炒め、ひじきと胡桃の卵煎り、父が買ってきてた焼き鳥、豚肉、キムチをワンプレートに。そしてお味噌汁、豆乳掛け豆腐。栄養バランス完璧だ!2人でキッチンに並び、あれして!これして!ここ片付けて!なんてワイワイやりながら。

私の母は料理やお菓子作りが極端に苦手&嫌いで加工品をレンチンと肉野菜料理一品、味噌汁。みたいなのが多く正直加工品に入っている添加物の怖さや砂糖や小麦粉の多さを知ってからそれらにものすごく嫌悪を抱くようになった

イヤイヤ料理をさせるのも母に悪いな、と思うものの身体に優しいとは決して言えないものを食べるくらいならといつの間にか夜は味噌汁しか飲まなくなった。

だからすごく楽しくて、完成した時にはつい目頭が熱くなった。それを見られてしまい、抱き締められ背中をさすってもらった。

普段、親の前でさえ感情を見せることが恥ずかしく、なるべく泣かないように、と感情を抑制させているので正直照れくさかった。