google1ddf4f7d92ae845a.html

高等遊民の極み乙女

感情の備忘録

花を見に行くことが増えた。あとはとにかく綺麗なものを見たいという意識が強くなった。喫茶店に行くことが好きなのも、喫茶店のカレーとかスパゲティとかモーニングとかクリームソーダとかに興味があるわけではなく、喫茶店に行けば綺麗な食器を見られて綺麗な食器でコーヒーや紅茶が飲めるからという理由だ。綺麗なものを見るのが好きになったのは、多分去年あたりから。イタリアやオーストリアの教会とかに行くうちにそういう神秘的なものとか、綺麗なものを見るのが好きになった。オーストリアは毎年行っているし教会も美術館も行くが、今まで教会にあまり興味なく特に良いと思わなかった。けれど何年も行ってるとその良さがわかってくるのか私が成長したのか、外国の教会が好きになった。お城や宮殿は昔から好き。

花には表情があるように見えるのだけれど、花は大体無表情で少し冷たい表情に見える。でも風が吹いて揺れると、人間が心地良さで目を細めるときのような、気持ちよさそうな表情になる。家に花があるだけで家が少し明るくなるような気がする。花が暗い気持ちを吸取ってくれるらしい。最近家に花がない。だから私の気持ちもなんとなく漠然と暗いのかも知れない。そうだ花屋に行こう。

この間は上野の牡丹苑に行った。何百本もの牡丹と、ときどき芍薬と、他にも季節の花が咲いていた。やっぱり花は無表情なのだ。その無表情さが高貴な感じが強調されて凄く良い。特に背の高い花は無表情だ。背の高い花はポニーテールを揺らした黒髪の女の人を連想させる。一方背の低い花には栗色の髪でパーマがかかっている女の子のような無邪気さとか少女性を感じる。背の低い花は割と常にニコニコ笑っているように見える。

花は人間に媚びない、花同士も媚びない、虫にも媚びない、花は伸び伸びしている。花は他の花の顔色など伺わないのだろうな。表情があるように見えると言っているのに無表情に見えるというのはおかしいかもしれないけれど、きっと無表情という表情なのだ。あとは、ツンとした、澄まし顔というのかな。とにかくそういう表情に見える。

牡丹というのは何というか、薔薇くらいの手のひらサイズなのかなと思っていたけれど、私の顔より大きかったから凄く吃驚した。牡丹苑に行ったことによって知らないことを知れた。ヨーロッパ系の外国人が多かったな。ヨーロッパには牡丹は咲いていないのだろうか。やはり花は綺麗、花は良いものだという認識はどこの国も同じなのだろう。蛇の目傘に守られた花はいっけん、守ってあげたいものの対象になりそうなのに、そんな擁護などいらない、ひとりで生きていけるから、という雰囲気が漂っていたな。

この時期は道端でもどこでもツツジがあちこちに咲いていて綺麗だ。濃いピンクのツツジよりも、ピンクと白が混ざったツツジが好きだな。ツツジにも少女性みたいなものを感じる。確かツツジ花言葉は初恋だった気がする。というか白い花の花言葉って大体初恋な気がする。白い花には汚れを感じないから初めてに関する何かの花言葉がつけられがちだよね、特に恋。まあ花言葉ってだいたい恋にまつわるものが多いけれど。

もうすぐゴールデンウィークだというのに、ゴールデンウィークど真ん中にピアノの発表会がある私はぜんぜんゴールデンなウィークになる予定のない。この時期の花はもう見に行けないから、次は夏の花を見に行きたい。

Fruhling

春になった。3月1日。もうすぐ春ですね、という歌詞の有名な歌があるけれど、そんな前置きや変化の予兆ははなくて。昨日まで早く冬が終わらないかな、と思っていたはずなのに、3月になった途端に、私達が寝ている間に、昨日までの寒さが嘘のように、春になるのだ。この感覚を私は知っている。7月になった途端夏になる、9月になった途端秋になる、11月になった途端冬になる、季節はいつも私達の先を行く、置き去りにする、そんな感覚。私は冬が嫌いで、冬になった途端嫌な気持ちになる、心が重くなる、けれど春とか夏は嫌いじゃなくて。

春になって季節が変わってようやく年が変わった実感が湧いて、今年がどういう年になるのか誰に出会ってどこに行って何をするのか、どんな楽しいことが待っているのかな。どんな映画を観るのだろう、何に感動して何に悲しむのか。あまり怒りたくはないな。そういうことに想いを馳せるようになる。12月31日から1月1日になるより、2月28日から3月1日になる方がよっぽど、ドラマチックで感動的だ。3月1日は2月28日のの翌日、延長線上に過ぎないのに、昨日まで身に纏っていた分厚いコートをもう羽織らなくて良くなるのだ。これだけで、心が軽くなる。新しい化粧品と新しい香水を身に纏い、新しいバッグを持って外に一歩踏み出せば、突然吹いてくる南風と、幼稚園児の声と真っ青な空。足取りが軽くて、速歩きしただけなのに、少し汗ばむ身体。暑がりの私はもう半袖でも良かったのではないか、と。電車から射し込む太陽の光にうたた寝。今日くらいは電車がいつも通り来なくても、許そう。

1/26

31日に発熱した。翌朝も発熱していたら病院に行こうと思っていたが、あけましておめでとうというピアノの先生からのラインに、発熱の旨を返信したら救急で病院に行けと言われたので言った。症状的に99%インフルエンザなのだが、結果は陰性。まだ発症から24時間以上経っていなかったのだ。総合漢方薬をもらって病院を後にした。一旦熱が下がったが、2日にまた上がった。3日の朝まで熱が続いたから、また病院に行った。やっぱり陽性だった。イナビルを貰って飲んだら良くなり始めた。が、食べ物の味がわからない。

こんなに重い症状になるのは6年ぶりで、もともとインフルエンザはおろか風邪や発熱すらしないものだから私がかかるなんて、凄くびっくりした。もう体力が持たずに死ぬのではとさえも思った。1週間弱苦しんで、私の1年がスタートした。体調が戻った頃、少し痩せていた。

ダイエットで毎日1時間から2時間、海までウォーキングしていた1年前の冬、寒いし運動は嫌いだしとにかく嫌だった。でも海まで行くと冬の夕焼けはすごく綺麗で、観光客もいなくて、夕焼けを見ながら歩いていたりそれだけがモチベーションになっていた。

家の中で1番大きい出窓から見る空が好きで、特に夕焼けが好き。毎日生きているだけで、家の中にいるだけでこんなにきれいな夕焼けが見えるのは、贅沢だと思う。雲一つない空の夕焼けも、雲の切れ間から除く夕焼けも、青と黄色の絵画みたいな夕焼けも、ピンクと紫と水色の水彩画みたいな夕焼けも、オレンジジュースをこぼしたようなオレンジ色の夕焼けも、大好きだ。太陽が隠れるくらいの曇りの日や雨の日は、ピアノと楽譜と私の顔に西陽がかからなくていいけれど、夕焼けが見られないから、少し悲しい。私は夕焼けが綺麗だから、夕焼けが綺麗なだけで、生きていけるのだ。今日生きていてよかったと思える。明日も生きたいと思える。

 

CDはいいね。CDという媒体が好き。スマホでお手軽に聴けるのは出先で音楽が聴きたいときに良いと思える。でも家ではCDで聴きたい。家中に響くミュージシャンの声とギターの音が気持ち良いのだ。ライブの予約をメールでした。予約要項と、一言文を添えたらかしこまりました、という返事と一言書いたものにも返事が来て嬉しかった。

好きなミュージシャンにも救われている。ライブも私を生かさせてくれるものだ。ミュージシャンの叫び、ミュージシャンが歌うその瞬間でしか聴けない声を私は今聴いている、私はここにいる、そう思わせてくれる。私は音楽が好きなんじゃなくて、好きな音楽が好きなだけ。好きなミュージシャンのライブが好きなだけ。来月は今年初ライブがある。好きなミュージシャンを生で観られることはすごく幸せ。ついこの間あけましておめでとうと言っていたはずなのに、今月ももう終わると思うと時の流れの速さにびっくりする。2月はいくつか予定があるから楽しみ。