google1ddf4f7d92ae845a.html

ドレスは脱ぎ捨てた

書き過ぎないくらいにしておきます。

2/4

自分のことを知れば知るほど、周りの人のことを知れば知るほど、自分の何もできなさ、不甲斐なさに落ち込む。

はあ、ほんとにだめだこのままじゃ。今は19歳だからいいんじゃないのってみんな言ってくれるけれど、そのうちその歳でそれはやばいよって言われる日が来る前になんとかしないと。

2021年。10ヶ月後には20歳になる。早くから大人ばかりの環境にいたせいか、19歳だからで許されてることがあまりにも多すぎて歳取るのが怖い。16歳からウィーンにいて、そんな歳で外国にいるのすごいねと言われることが多かった。そういう褒め言葉は気持ち良いけれど、心の中では全然すごくなんかないのに、と呟きながらジレンマの中でずっと生きてきた。たぶん今のままじゃそのうち誰も許してくれなくなってしまう。

11/23

AM5:21 何となく眠れないまま洗い物をしたり本を読んだりお風呂に入ったりして起きていた。自分のやらなきゃいけないことと、やりたいことやりたくないことが剥離していてその間でもがき苦しんでいるような日々。何をするべきか分かっているはずなのに、やりたいことをやってやりたくないことをやらずに過ごしたいという気持ちが強すぎる。現実逃避のために余計に料理を丁寧に時間をかけて作るなんてこともある。私の思考や動作には、あまりにも逃げ癖が染みついていると思う。

そして暇な時間が多いせいで、意味もなく攻撃的になったり、愚痴っぽくなっている気がする。今月の目標はあまり起きている物事に腹を立てず、許すことにしようかな。あーあ、8時に起きるのにこれじゃ月曜日から寝不足だ〜まぁ昼寝すれば良いよね。お休みなさい。

11/16

爪周りの乾燥とマスク荒れに日々悩まされる。ささくれがたまに服に引っかかって痛い。

今日はドイツ語学校の授業中、思うようにできない自分に涙がこみ上げて来て、我慢しようと頑張ったのにやっぱり堪えきれなくて、声も出せないほど泣いちゃって、隣の人がバッて抱きしめてくれたのを思い出してまた泣きたくなってくる。しかしまあ、人前で泣く、というのは随分気力も体力も使うなあ。感情が爆発して涙が出る時って実はすぐ泣きやめるんだけど、じわじわこみ上げてきて流れる涙ってなかなか止まらなくて、しゃくりまであげちゃうから困る。

明日からは、16時には日が沈むあまりも夜が長い中でのロックダウンが始まる。

10/18

2人の新しい知り合いと家の玄関で待ち合わせしてStephansdomにて行われる1年で1番大きな各国合同のミサへ行った。大聖堂では大家さんと、その他いつもミサに行っている日本人の方々と合流して、一緒にお祈りをして祝福を受けた。2人のオーストリア人と日本人のハーフの女の子が着物を着ていて、ミサの終わりに着替えるためにある部屋に入ったのだけれど宗教が専門の博士の方が抹茶と大納言のケーキを焼いてくれていたのでその場で食べた。大納言、すごく久しぶりに食べたけれど食感がよくて美味しかった。その後は大家さんの家族と適当なパン屋さんでお昼ご飯を食べた。その間大家さんはずっと私にウィーンの歴史と共にカトリックの歴史を教えてくれた。車で家まで送ってもらって、着替えて少し休んでピアノを練習した。紅茶を4杯飲んだ。最近は濃い目の紅茶にきび砂糖を入れ甘くして飲むのが気に入っている。

西洋のクラシック音楽は、もとは教会の音楽から生まれたものだからキリスト教の流れもよく知っていると良い、とアドバイスをされた。今日は朝起きた時は曇っていたが、ミサの途中から晴れて大聖堂に陽の光が注がれていたのが心地よかった。豊かだった。

1人で部屋にいたり道を歩いたりしているとどうしようもなく寂しくなったり虚しくなったりするけど、単調な生活に耐えること、毎日毎日同じような日常を持つことが大切、というイギリスの哲学者、バートランド・ラッセルの言葉がある。その通りだと思う。毎日同じように朝起きてご飯を作ってピアノを弾いて、の繰り返しで、私はたまに発狂したくなる。でもきっと繰り返すうちに慣れていく。今までやってこなかっただけで、やってるうちに出来るようになる。他の人にできて私にできないなんてことはあり得ない、と私のピアノの先生の言葉がいつも私を励ましてくれる。

10/16

女の子たち、遠くにいきましょう。遠くへの行き方を知っていてください。1人でも遠くに行けるような人になってください。1人で遠くに行けるということは、豊かな証拠です。と、夢の中で私が言っていた。

8/10

やる気を6月に置いてきたのか7月が過ぎて8月になっても一向に以前のように頑張ろうという気にならない。少し前のブログには夏が終わるまでやり切りたいとか書いてたのに。

がんばらなきゃいけないと思うけれど身体が追いつかない。例えば音楽をやってない他の友達なんかはカフェで一緒に友達と勉強したり電話で一緒に勉強することができるけれど音楽はソロ同士の人が一緒に練習するなんて基本的にないし、結局何畳かぽっちのピアノが置いてある部屋の椅子に座って一人黙々とピアノに向かうしかないのだ。なんか、音楽を作るって孤独だと感じて途方に暮れている。