google1ddf4f7d92ae845a.html
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

掃き溜め

掃き溜め

明晰夢

自分に都合の良く出来事が動くから

好きなことだけしていられるから

他人でさえも、言って欲しい言葉を言わせられるから

夢の世界が好き。ずっと夢の世界にいたいって思う。どんなに幸せなのだろうね。

今日幸せな夢見たの、それが妙にリアルで、夢の中の私はそれを現実だと思ってた。

起きて、夢だったんだ、現実はこんなんじゃなかったって、その差に勝手に傷ついた。

 

素面の幻覚

最近、、ここ1週間くらいひどく落ち込んでる

何かに熱中してる時や偶然気が逸れてる時はその事を考えないで済むから落ち込まないのにそれが終わればまた思い出して落ち込む

落ち込んでることにも落ち込む

andymoriばかり聴いてる

andymoriが、小山田壮平が好きでよかった

傷を1人で癒やそうとする時音楽を聴いて気分を逸らしていつか過ぎ去るのを待つしかないんだ

こんなことこれからもきっと何回もあるんだその度に私は小山田壮平の歌に助けを求めるんだ

 

どんなに会いたくて会いたくて焦がれたって、向こうも会いたいと思ってくれていなきゃ会うことは出来ないんだ

残酷

でも他人は自分のためにいるわけじゃない

他人には他人なりの考えや想いがある

誘うがわ、会いたいがわ、想っているがわが負け

私っていつもこっちの立場なんだ

誘ってくれる人はいるけど、本当に本当に会いたい人に対しては誘うがわなのだ…

たまには会いたくて焦がれる人に誘われてみたいわ、という贅沢。

仕方ない、って言い聞かせるしかないんだけれど

もし今日死んだら、やっぱり会っておけばよかったって後悔してくれるのかな、それが自殺だったら約束くらいは取り付けておくべきだったって思ってはくれないかな

なんて考える

昨日のこと

つい日付超えちゃう。きのうのこと。

ママの友達が保育士の資格をとるための学校に通っていて、ピアノの試験があるのだけど初心者で躓いているから…と。私が少し教えている。

時間ギリギリに起きてなんとかご飯たべてお風呂入って筋トレして、今日はパーティーで教えたあとすぐ家出るから化粧して。

彼女は菓子折りを持ってきてくれた。甘いものは家では食べないんだ、ごめんねとココロの中で謝りながらありがとうと受け取ったの、ごめんね。

私が何をお手本で弾いてもすごい、すごい、って言ってくれる彼女…。

授業では時間の関係で1人5分も見てもらえないらしい。私がこうして、と言ったりこう弾くといいよ、と言えば意識はしてくれる。

悪いことは知らないことやできないことではなく、知ろうとしないことやろうとしないことなのだ。

30分ほど練習した後解散

そして料理教室の先生の2周年パーティーに向かった。みんな意外とカジュアルな格好だった…けど私もカジュアルとおしゃれの間だし。とか思いながらその場に足を踏み入れた。

みんな一回り、ふた回り、なかには半世紀ほど年が離れてる方もいたが、私のことを歓迎してくれてかわいがってくれた…。タイ料理と野菜とブッセとロースウィーツと酵素ジュースとサングリア。全部美味しすぎてお腹が膨れて大変だったわ。

〇〇が〇〇な〇〇です、とひとりずつ順番に言って、となりの人の〇〇を記憶して繋げて言うという、自己紹介ゲームをして、じゃんけんゲームをした。わたし2番目だった。料理教室の先生お手製のハーブソルト貰ったー。ママが喜ぶー。

そのあとポプリを作ったり色々話したり、ラインを交換したり。

4時から始まって6時から少しずつバラバラと色んな人が帰って行って、8時半頃に片付けを手伝って、先生の部屋に荷物を運んで、コーヒーを頂いて、帰途についた。

 

わたしが年上の人が好きなのは、経験が豊富な分沢山実になる話を聴かせてくれるからだ。私はなんだってできるし、これからやりたいことはどんどんやればいいと思っているし、周りの大人たちもそう言ってくれる。学校だって行かなくていい、と。

 

掃き溜め

お昼頃に矯正歯科行った 出来たばかりのそこ

綺麗な内装 清潔感のあるインテリア ウォーターサーバー 電源の差し込み口がある机

数年前まで10年ほど矯正していたが、そこの医者達に可愛がられすぎていた私は妙に居心地の悪さを覚えて行かなくなった。

今日予約した先生の雰囲気、なんか好きだ。

カウンセリングの内容としては、ほぼ成人となった私の顎の骨はプレートの矯正ではどうにもならないらしい。プレートの矯正をずっとしていても最終的にはこうなっていたようだ。出っ歯を治すには永久歯を左右合わせて2本程抜くみたいで。私は小学校2年からいだきつづけてきたこのコンプレックスをやっと解消する糸口が見つかって今すぐにでも検査して抜いて欲しいくらいだった、思わず泣きそうになった。のに。母は抵抗があるらしい。は?自分の顔くらい好きにさせろよママのじゃない私の顔なんだぞそもそもママが美意識が低すぎるだけだし自分の子供だからっていうフィルターがかかってるから何でもかわいいって思うだけだし約6年もの間悩まされてきたこの骨格が「なんでもない」「キノセイ」なわけないだろってキレそうになったけどいかんせんお金を払ってもらう立場なので、呑み込んだ。

でも歯科を出て軽く口論になった時、私は、ママが私の容姿に関する悩み全部肩代わりしてくれるわけじゃないじゃん、とかなんとか意味のわからないこと言って泣いた。恥ずかしいわ。

ちょっと時間あったから家に帰ってツナ缶と卵と味噌汁口にして歩いて駅行ってショッピングモールで時間潰してコナン観てきた。

2時間の、コナンにしては長めだった。映画館に足を運んだのはいつ以来だっけなぁ。席が前すぎて首が痛くなった。DVD派だけど映画館のほうが臨場感あって好きっていう矛盾。本当は毎シーズン観たい映画出てくるのになかなか足運ばないから、いつも観損なう、ダメだなぁ。

あとは白米食べてピアノ弾いて筋トレしてご飯食べてテレビ観た。

9時頃無性にナッツが食べたかったからコンビニ行ってミックスナッツ(カシューナッツ、アーモンド、マカダミアナッツ、くるみ)の小袋買った。食塩とか諸々無添加だし優秀。

明日っていうか今日は私が通ってるハーブの料理教室の2周年パーティーがある、楽しみ。

整形と精神

私もうこんな顔嫌なの 涙で視界が歪む 昼も夜も朝も 鏡 写真を見るたびに嫌になる  こんな顔で今年もピアノの発表会に出るなんて、横顔を見られるなんて、これから生きていくなんて、写真を撮るなんて、怖くて 嫌だしか言えなくなる 手持ち無沙汰にリラックマの白いお腹を撫でるしかなくなる メソメソグズグズモード。 

一重ならアイプチすればいいし、黒目が小さいならカラコンすればいい。鼻が大きい、筋が通ってないならノーズシャドウがある 輪郭が丸いならシェーディングがある 眉毛だって描ける 顔が赤い、肌が汚いならコンシーラーやカバー力のある下地を使えばいいのに

口ゴボは、出っ歯は、面長な顔だけは、即席でカバーはできない

この事実に悔しくなって悲しくなって、やっぱり怖くなる。

こんなに苦しいなら、こんなに辛いなら、もうこれ以上誰の目にも触れないまま 一生寝ていたい。見られたくない。

最近は寝ている時間が1番好き。夢なら自分の美醜なんて微塵も気にせず 自分のコンプレックスをなくした美化した顔で、好きな世界に好きな人と自分に都合のいい世界でいられるんだもの。

私が行きたいのは精神科じゃなくて美容整形外科なの。

あーあ、アデノイド顔貌でさえなければ、アデノイドを除去するリスクもお金もいらなかったのに。そのお金を他のことに使えたのに。こんな悩みなんて微塵も気にせず もっと自分の事好きでいられたのかな。もっとのびのびできたのかな。私に向けられるカメラに、シャッターを切った写真に、誰かに見られる不意の顔に、怯えることなんてなかったのかなあ。

私が口呼吸していなければよかったのだ 小さい頃、ママが止めてくれればよかったのに 考えれば考えるほど美容や健康にまるで興味のない母を少しだけ恨む きっとこの気持ちを母は 一生分かってくれることはないだろう

大人になってからじゃアデノイドを除去したって戻らない そろそろ成長が止まる わたしにはもう時間がない

タラレバなん、て言いたくないのに。

17日のこと

17日のこと。

12時間寝たから頭痛くて、ぼーっとしながらテレビ見てたらママが買物から帰ってきて。

お土産は焼く前の鳴門金時とミスジっていう牛の希少部位の赤身のお肉。それとパン焼いてお昼ごはん。

焼き芋はオーブンで1時間放っておくからお昼ごはんを食べるときに200度に予熱して焼き芋を入れた。お肉、私もママも柔らかくて美味しい美味しいって笑顔を浮かべた。

その後はまだかなまだかなってテレビみたり携帯してたらようやく出来上がった。

アッアッツ!ってなりながら半分こに割ったら焼き芋の甘い匂いが鼻腔を掠めた。

和風なお皿に半分この焼き芋をおいて写真をとって、出来たてホクホクのそれを1口かじると優しいけどしっかりした甘さが伝わってきて、塩を振りながら夢中になって食べた。

もう食べ終わっちゃったよ、、って思ったけどまだ余ってるから今日も食べれるな!

チョコレートよりクッキーよりパンケーキより好き。

そういえば今日卒業式だった。もちろん行ってないけど。みんなのtwitterInstagramの投稿にいいねなんて思ってないけど笑とりあえずいいねを押した。

私、まさか登校拒否になるなんて思ってなかったなぁ。なんでこうなっちゃったんだろうとか今更考えても無駄だし、もともと小学校の頃から集団行動とか、友達付き合いが苦手で学校って好きじゃなかったから、これはこれで良かったのかもしれない。もともとこうなる予定だったのかも。学校に行ってなかったからこそ出来たこととかあったし楽しいことも沢山した。

とりあえず健康で美味しいもの欲しいものが買えればいいや。

あとは、近くのスーパーが潰れちゃったの。野菜とか魚とか肉とかそこで買ってたし、滅茶苦茶不便。これからは徒歩15分かけて駅ビルに買いに行かなきゃなあ。駅ビルは誘惑が多すぎるから毎回それに勝てるのか若干不安だけも。